TEL
MENU

ぎっくり腰

【このようなお悩みはありませんか?】

⬜︎朝起きてすぐに起き上がれない

⬜︎動き出そうとすると激痛が走る

⬜︎腰に力が入らない

⬜︎ぎっくり腰を何度も繰り返している

⬜︎レントゲンを撮ったが異常がないと言われた

⬜︎ぎっくり腰を治し予防してくれる整骨院を探している

【ぎっくり腰について】

ぎっくり腰とは急に腰が痛くなることをいい、あだ名のようなものです。

急激な痛みを伴い関節捻挫や筋肉の炎症や椎間板の損傷を起こすこともありその場から動けなくなってしまうことも多いです。

欧米ではぎっくり腰の事を急に激しい痛みを引き起こすため

『魔女の一撃』などとも言われています。

多くの場合は急な動作や無理な動作が起因となりますが

場合によっては咳やくしゃみ、少し動いただけでも起こる事もあります。

【ぎっくり腰が起きる原因は?】

急になってしまうぎっくり腰ですが様々な原因が考えられます。

よくあるのが筋肉や椎間板の炎症や損傷と言われています。

ですが筋肉や椎間板を痛めてしまう真の原因があるのです。

それは骨盤や腰椎の『歪み』です。

歪みがある事で関節や筋肉に問題が生じ、正常とは異なり過度な負担がかかるので本来の動きではなくなってしまいます。

そうすると急な動作や繰り返しの動作、ちょっとした動作で筋肉や椎間板に炎症が起こりぎっくり腰を引き起こします。

これがぎっくり腰が起こる本当の原因です。

安静にしていれば落ち着く場合もあるのですが早期治療したほうが回復が早いぎっくり腰が多いです。

ぎっくり腰には専門的な治療が必要ですので

焦らずまずは越谷・新越谷・南越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院へご連絡ください。

越谷・新越谷・南越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院の治療は

痛みはもちろん歪みも治す根本治療です。

辛いぎっくり腰を早期改善し、いち早くいつもの生活に戻れるように治療して行きましょう!

【注意!ぎっくり腰の裏に隠れている病気】

腰の痛みが強いからと言って、ぎっくり腰であるとは決めつけられません。

実は内臓は病気によって肥大する事があります。

肥大によりお腹や腰を圧迫すると、まるでぎっくり腰のような痛みを発する事もあるのです。

胃潰瘍、尿路結石、腎盂炎などの内臓疾患も腰の痛みを併発します。

そのほかに女性は子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫などの

婦人科疾患からくる腰痛もあります。

 

南越谷koharu鍼灸整骨院ではいらっしゃった患者様の腰痛が

上記のような内科的な疾患から起こる腰痛ではないか確認するために

問診で日常生活について詳しくお聞きして

施術して良い腰痛なのかを見極めていますのでご安心ください。

また椎間板症や腰椎椎間板ヘルニアなどからくる腰痛は

マッサージをすると痛みが増悪する可能性があるので

安易にマッサージするということは避けたほうが良いです。

ぎっくり腰などの腰痛で気になる事がございましたら

越谷・新越谷・南越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院へお気軽にご相談ください。

ぎっくり腰に関連するコラムについて

ぎっくり腰のコラムはこちら