TEL

膝外側の痛み。。。 | 越谷市で腰痛・骨盤矯正・美容鍼が評判 |南越谷koharu鍼灸整骨院

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧 > 健康の記事一覧

膝外側の痛み。。。

2019.02.25 | Category: お知らせ,スポーツ外傷,健康

スポーツで起こるランナー膝についてお話しします。

正式名称は腸脛靭帯炎といいます。

軍隊トレーニングで発症する障害と報告されたのが最初と言われていて、ランニングをすると起きることからそう呼ばれています。

この靭帯は腸骨(骨盤の1つの骨)、大臀筋、中臀筋、大腿筋膜張筋から始まり脛骨(すねの2本ある内側の骨)のガーディー結節というところに着きます、ら人体で最長の靭帯なんです!

この靭帯は膝の角度によって太ももの骨の大腿骨外側上顆という少し出っ張りのあるところを通り前側から後ろ側へと移動します。

膝をしっかり伸ばしているときは出っ張りの前側にあり、膝を曲げていくとそこを乗り越えて後ろ側に行く構造になっています。

(写真の絵は太ももを外側からみた図)

 

そのため繰り返し膝を曲げ伸ばししていると繰り返し擦れ、滑液包や脂肪組織が圧迫を受けて炎症を起こします。これが腸脛靭帯炎です。

膝の外側周辺、骨の出っ張りあたりで擦れるところや腸脛靭帯に沿っての痛みが出ます。

軽く膝を曲げ伸ばしする範囲(膝を伸ばした状態が0度として、曲げて30〜40度くらい)が痛みが出やすいです。

 

起こる要因として考えられるのは、O脚や大腿骨外側上顆が大きい、運動量増加、運動時の地面不良、筋力不足、柔軟性が低い、靴など個々により異なってきます。

 

治療としては安静、トレーニング量を落とすことやストレッチなどで痛みは軽減しますが、物理療法やマッサージ・はり・お灸も早期改善には有効です。原因となると姿勢や癖、筋力バランス、柔軟性の低さなどが残っていれば繰り返し再発する可能性が高いです。

この靭帯は筋肉との関わりが強いため、筋肉を緩め、伸びを出すことが痛みを軽減・改善させるためにとても大切になります‼︎

 

当院では特殊電気機器による電気治療やそれと合わせた超音波、はりやお灸、ストレッチ、マッサージなどを用い痛みに対しての施術はもちろん、原因となる姿勢やストレッチ、トレーニング指導もさせていただきます。

みなさまが目指す何かに向けてのお手伝いが出来れば幸いです

お気軽にお問い合わせくださいね♪

 

 

東京マラソンはもう今週末ですね‼︎

まだ当選したことありませんが、懲りずに来年もチャレンジしたいと思っています!

東京マラソンに出られる方は体調に気をつけて良きレースとなりますように☆

スポーツ外傷~

2018.11.27 | Category: お知らせ,スポーツ外傷,健康

 こんばんは!

越谷、新越谷、南越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です(^^)/

 

外傷だけに言えることではありませんが、

怪我をしたときは、痛みのあるところに意識がいきがちですよね。

 

怪我したところを”患部”といい、怪我してないところを”患部外”といいますが、

この患部外を緩め鍛えることでも患部の回復を助け、また強化につながります♪♪

 

今回は、この患部外に焦点を当てて行きます!

かばって偏りが出ている部分を修正し、必要な負荷を与えて再度怪我することを予防していく為にも重要になるかと思います!!

 

お試しいただきたいのが

”体側のストレッチ”です。

ポイントは、伸ばす側の骨盤を固定し、背中を上に引き伸ばしながら横に倒すこと‼︎

 

座って行う場合↓↓

両足を床にしっかりつく。

片手をイスにつき支えつつ少し押すようにして、もう片手は遠くに伸ばすようにしながら横に倒し10秒〜20秒保ちます。

※両方のお尻が離れないようにしましょう‼︎

 

立って行う場合↓↓

腰幅、またはバランスの取れる幅に足を開く。

片手を腰に置き、もう片側を手を遠くに伸ばすようにしながら横に倒し10秒〜20秒保ちます。

※腰に手を置いてる側の足は、身体を反対側に押し出すように床を押す‼︎

 お腹をへこましておきましょう‼︎

 

 

ゆっくりとした呼吸をしながら

左右1〜3回を一日に3〜4回マメに行うのがおススメです

 

秒数は無理なくできるくらいに調整してくださいね!!

ぜひお試しあれ☆

 

お気軽にご相談ください♪

 

 

ホームページ

http://minamikosigaya-sinnkyuu-seikotu.com

予約、口コミ

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/31798/

 

 

 

スポーツ外傷~足関節捻挫治療~

2018.10.04 | Category: お知らせ,スポーツ外傷,健康

みなさん、こんにちは

南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です(^^)

 

足関節捻挫について少しずつお話しさせて頂いています!

怪我した直後にも使用していきますこちらの機械をご紹介します。

 

 

超音波療法とハイボルテージ、マイクロカレントと呼ばれる電気療法が行えるものです。

痛みの軽減、腫れの改善や固く動きにくくなった関節周りの筋肉や腱、関節包の動きの改善を促進します!

個々の状態に合わせて電気治療のみや超音波と電気を組み合わせて行います。

さまざまな症状に適応しますので、お気軽にご連絡ください♪

次回はまたリハビリについてお話してきます!!

 

気温差があり疲労も取れにくいと思いますが、

冷えや乾燥にも注意して体調管理気をつけて行きましょう☆

スポーツ外傷〜足関節捻挫〜

2018.09.05 | Category: お知らせ,健康

こんにちは!

南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です。

足関節捻挫
軽視されやすい怪我です。

体重の乗せる場所を変えれば歩けたり、他の動作もできるものです。
しかしそれを繰り返し行えば、股関節の動きに変化が出て、膝の痛みや腰の痛みにつながってしまいます…。

また怪我した当日に発熱したり吐き気が出た場合は傷ついた度合いが強いため、
一度整形外科の受診をおすすめします。

その後に早期改善をされるのであれば、まずは炎症を取り除きましょう!
そして痛みによって狭まった関節の動きや関節に関与する筋肉の柔軟性を確保しましょう!

炎症を取り除くには安静も必要ですが、それではその間にほかのところへの負担が増えてしまい、回復が遅れることもあります。

電気治療や超音波・はり・お灸・矯正など状態に合わせて治療をすることで炎症の引きを早くして、個々のもつ治癒力に追い風をおこしてあげると早期改善につながります( ˆ ˆ )♪

今後は治療内容やリハビリについてもお話ししていきます‼︎

 

スポーツ外傷〜

2018.08.08 | Category: お知らせ,健康

こんにちは。

南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です!

足首の捻挫(足関節捻挫)についてお話しします。

足首と言われる足関節は、脛(すね)の2本の骨(脛骨・腓骨)とその下にありかかとの骨の上にある距骨という骨からできている距腿関節のことを言います。またこの距骨とかかとの骨(踵骨)からできるている距骨下関節も関係しています。

この関節を支える靭帯や軟骨、筋肉などが過度に引っ張られたり圧迫されたりして痛めててしまうのが足関節捻挫です。

つま先・足裏が内側に向いた状態で捻ったのを内反捻挫、つま先・足裏が外側にむいた状態だと外反捻挫と言います。
内側の靭帯の方が強く、また外くるぶしの高さが内側より低くく、つま先を内側に捻りやすいため内反捻挫が起こることが多く、外側の靭帯や筋肉を痛めやすいです。

捻り方や個々の靭帯や関節の強さによっても回復具合が違います。

3日間は前回お話しした応急処置を出来る限り行い、その後は温めて痛めた周囲の血流を促すこととリハビリテーションを行いで回復を促進させてあげるといいと思います。
足首の痛みはなくなったからと治療やリハビリをしないままだと、体重の乗せ方や足の左右の負担のかかり方に差が出たままになってしまい、他の関節や筋肉へ負担が加わり痛めやすいからだになってしまいます。

当院では超音波や電気治療・はり灸治療など個々の状態に合わせた治療を提案させていただきます♪
お気軽にお問い合わせください(^^)/~