TEL

腰痛(変形性脊椎症)について | 越谷市で腰痛・骨盤矯正・美容鍼が評判 |南越谷koharu鍼灸整骨院

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧 > 腰痛治療 の記事一覧

腰痛(変形性脊椎症)について

2019.04.15 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!

越谷市の南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´ ▽ ` )/

今日は腰痛の原因の一つである『変形性脊椎症』について書いていきます。

変形性脊椎症とは椎間板の退行性変化(簡単に言うと加齢によるもの)が基盤となって、その変化が関節や周囲の組織(筋肉、人体、骨)に影響を及ぼし、これらの組織の退行性変化によって神経組織が刺激され様々な症状を呈している状態を言われています。

ですが!

退行性変化は加齢的変化であり生理的現象(簡単に言うと誰しも通る道)である。レントゲンで退行性変化があったとしてもその変化が主訴の原因かは別の評価が必要になる。とも言われています。

うちに来る患者さんに治療歴を聞くと整形外科に行きレントゲン撮ってもらって痛みの原因を聞いたら「加齢だね」「変形だね」って言われたと言う患者さんが多くいます。

でも加齢や変形だけが原因の腰痛はほぼないと私は思っています。

ですが変形があると脊柱管狭窄症に移行しやすいので気を付けなくてはなりません。変形した骨や靭帯が神経を刺激し神経症状を起こしやすくします。

変形は一度なると手術しない限りは良くなりません。大切なのは進ませないことです。

骨を支えてくれている筋肉の柔軟性を上げること、体幹の筋肉を維持向上させること、自分にあった治療法、ストレッチ法、運動法を知っておくことが重要です。

本やネットで出回っているストレッチや筋トレは一般的なものです。

あなたの身体に合ったものではないかも知れないので注意してくださいね。

病院に行って「加齢だね」「変形だね」と言われて腰痛を諦めかけている方は

一度、南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

腰痛治療 Part3

2018.10.11 | Category: 腰痛治療 

こんにちは!

越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です!

10月初旬にいらした腰痛の患者さんの見立て、治療について書いていきます。

 

患者:30代女性

来院日:10/5

『負傷原因』

中学の頃から腰痛に悩まされ痛みを繰り返していた。夜中に寝返りを打とうと寝返った際に激痛が走る

 

『初診時の状態・検査』

前屈時痛、後屈時痛(+++)、左右側屈(++)、右大腿外側に違和感

前後屈はL4、L5脊柱際に痛み、圧痛は起立筋上よりも内側にあり

後屈は全くできない状態でした。

3〜4年前にMRIを撮り椎間板の狭小はあるもののヘルニアの診断はないとのことです。

『見立て』

多裂筋の機能不全、炎症による痛み、不安定性が痛みの主であることと普段から腰痛があり前傾姿勢が通常となり脊柱起立筋が張っていることによる筋・筋膜性腰痛と伝えました。

『治療』

横になるのもつらいとのことで座位のまま超音波とハイボルテージのコンビ 5分照射

施術後:PS(痛みの度合い)は4〜5。前屈10度→80度、後屈0度→20度

    鋭い痛みは消え鈍痛が残存    

『その後』

2回目・・・超音波とハイボルテージのコンビ 5分照射 前屈は痛みなし、後屈はPS3

3回目・・・ハイボルトとMCR  15分  夜中の痛みがなく寝れた、寝返りも痛みなし。

5回目・・・後屈時と回旋時痛が残存しているため継続治療  

 

ずっと腰痛で悩んでいて病院に行ったらドクターにはずっと痛いなら手術だねと言われていたとのこと

3回の施術で痛くて出来なかった寝返りができて喜んでいただけました。

皆さんも痛めたら早めに相談してくださいね!

腰痛は諦めないでくださいね!

同じような腰痛でお悩みの方は越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院に

ご相談ください。

ホームページ

http://minamikosigaya-sinnkyuu-seikotu.com

口コミ、予約

https://www.ekiten.jp/shop_98330133/

腰痛治療 Part2

2018.10.05 | Category: 腰痛,腰痛治療 

こんにちは!

越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です!

9月中旬にいらした腰痛の患者さんの見立て、治療について書いて行きます!

 

患者:20代女性

来院日:9月19日

『負傷原因』

看護師で布団で寝ている患者さんの奥の方の腕でバイタル確認しようと前かがみになった際に負傷

 

『初診時の状態・検査』

前屈時痛(++)、後屈時痛(+)、右側屈(++)左多裂筋に圧痛、神経症状(ー)

動き始めが激痛なのと早く動けないとのことでした。

 

『見立て』

患者さんの自宅が狭くいつもより窮屈でバランスの悪い状態で前かがみになったことで多裂筋が急激に伸長し負傷したと考える

『治療』

筋筋膜にかかる緊張を取るため殿部から下の筋膜リリースと局所にハイボルテージ、超音波を行った。

施術後:PS(痛みの度合い)は半減。前屈時痛が残存、起き上がりは楽になったがまだ怖く早くは動けない

    

『その後』

9/20・・・鍼治療と超音波をし日常生活はスムーズに動けるようになった。前屈はPS3で怖さがまだある

9/22・・・前屈の怖さがあるがゆっくりなら痛みなく前屈可能。患部組織の回復力を上げるためにマイクロカレント(組織の代謝を上げ治癒力を上げる電気治療)とかばってしまい殿部の張りが出ていたので筋膜リリースをし治療終了。 

痛めたその日にいらしていただけたので回復が早かったです。

皆さんも痛めたら早めに相談してくださいね!

同じような腰痛でお悩みの方は越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院に

ご相談ください。

 

HP ネット予約はこちら

ホームページ

口コミ、クーポンはこちら

https://www.ekiten.jp/shop_98330133/

 

腰痛治療 part1

2018.09.29 | Category: 腰痛,腰痛治療 

こんにちは!

越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です!

9月中旬にいらした腰痛の患者さんの見立て、治療について書いて行きます!

 

患者:50代男性

来院日:9月11日

負傷原因:庭の木の枝を切っていて腰痛発症

初診時の状態:前屈時痛(++)、左回旋時痛(+)後屈時痛(+)神経症状(ー)

椅子から立ち上がる時が一番つらいとおっしゃっていました。

検査をしたところ右の脊柱起立筋の最長筋状に動作時痛、圧痛がありました。

見立て:中腰での作業が最長筋にかかり軽度な筋筋膜損傷を起こし腰痛を発症したと考えた

治療:筋筋膜にかかる緊張を取るため殿部から下の筋膜リリースと局所に鍼治療を行った。

施術後:PS(痛みの度合い)は7〜8割低下。前屈での痛みが残存しているとのことでした。

    立ち上がりの痛みは消失

その後・・・2回目の来院は翌日で治療は筋膜リリースと超音波&ハイボルテージのコンビで

      炎症を流すとPSは「1」いつもの重だるさはあるとのこと。今は週一でだるさを

      取るために根本治療を行っています。

 

同じような腰痛でお悩みの方は越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院に

ご相談ください。

 

HP ネット予約はこちら

ホームページ

口コミ、クーポンはこちら

https://www.ekiten.jp/shop_98330133/