TEL yoyaku LINE

四十肩、五十肩はあだ名! | 越谷市で腰痛・骨盤矯正・美容鍼が評判 |南越谷koharu鍼灸整骨院

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧 > お知らせの記事一覧

四十肩、五十肩はあだ名!

2018.10.25 | Category: お知らせ,五十肩

こんにちは!

南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

皆さんが四十肩、五十肩と呼んでいる肩の痛みは本当の病名があるのをご存知ですか?

実際の病名は『肩関節周囲炎』と言います。

言葉のまんまで肩関節の周囲の炎症ということです。笑

肩を支えている筋肉、関節を包んでいる関節包、関節をスムーズに動かすための潤滑液を出す滑液包などが硬くなり動かした時に引き伸ばされ痛めてしまうのがほとんどの原因です。

四十肩、五十肩は治るのに平均して8ヶ月と言われています。

放っておけば痛みも慢性化しますし、痛くて動かさなくなるとさらに固まり可動域は狭まります。

南越谷koharu鍼灸整骨院では超音波・ハイボルテージ治療器を使い四十肩・五十肩の原因の軟部組織の柔軟性を戻し痛み、可動域の回復をしていきます。

←超音波・ハイボルテージ治療器

 

越谷・新越谷・南越谷で四十肩や五十肩でお困りの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談くださいね!

ホームページ

http://minamikosigaya-sinnkyuu-seikotu.com

口コミ、予約

https://www.ekiten.jp/shop_98330133/

首の痛み(寝違え)

2018.10.22 | Category: お知らせ,首の痛み

こんにちは!

越谷・南越谷・新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

今回は首の痛み(寝違え)についてです。

皆さんは寝違えしたことありますか?

私はあります!笑

寝違えを起こすことが多い筋肉の一つが『肩甲挙筋』です。

 

どういう筋肉かというと

右側だったら首を右に倒したり、右から振り返ったりする筋肉です。

肩甲挙筋は肩こりの筋肉とも言われています。

この肩甲挙筋が寝ているときに変に伸ばされてしまったり、寝返りの際に急に引き伸ばされたりすることで

寝違えが起こります。

炎症が強くて痛みが出ている方もいれば筋肉が固くなり痛みが出ている方もいらっしゃいます。

なので処置を間違えると痛みが増したり慢性的な痛みが続いてしまう場合もあります。

南越谷koharu鍼灸整骨院では痛みの原因を明確にし早期改善を目指します。

越谷・新越谷・南越谷で寝違えでお困りの方は南越谷koharu鍼灸整骨院のご相談ください!

ホームページ

http://minamikosigaya-sinnkyuu-seikotu.com

口コミ、予約

https://www.ekiten.jp/shop_98330133/

スポーツ外傷~足関節捻挫~

2018.10.18 | Category: お知らせ

こんにちは!

越谷、新越谷、南越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です(^^)

足関節のリハビリについて少しずつ話していきますね。

 

痛めたあとはしっかりと体重がかけられなくなっています。

痛みを抑えるようにして歩いていたり、痛くて動かせなかったために痛めた組織の伸びが悪くなっているせいや筋力低下により関節が不安定になっているためです。

しっかりと荷重せず毎日あるいていると、その上にある膝や股関節、腰などほかの場所へ影響がでてきてしまいます。

まずは関節の動きの訓練やストレッチを行いましょう!

関節の動きの訓練には

①足首の曲げ伸ばし 10回3セット

②つま先でアルファベットを書く A~Z

 

簡単ではありますがこの2つを7~10日は1日に2・3回行うのがオススメです。

 

ストレッチはふくらはぎのストレッチを2種類やりましょう。

今回はふくらはぎの表側にある、腓腹筋とヒラメ筋をストレッチする方法を紹介します。

↓↓

①腓腹筋を伸ばす

足を前後に開く、骨盤は正面に向ける

前脚の膝を曲げて、後ろ脚はかかとをしっかり床に押し付ける。

壁などがあれば両手を肩の高さで壁につき、前の壁を押すようにして踏ん張り、

膝裏を何かに押し付けるようにして膝を伸ばすとより伸びやすくなります!

 

②ヒラメ筋を伸ばす

足を前後に開く、骨盤は正面に向ける

前足の膝を曲げて、後ろ足はかかとを離さないようにして膝を床に向って降ろすように膝を曲げる。

 

 

痛みが強すぎない程度に伸びを感じたら20~30秒体勢を保つ。

2~3週間は1回に2~3回ずつ行い、それを1日に2・3回行うのがオススメです!

 

 

なかなか時間をとって取り組むのはできないものですよね。。。

何か自分のルールを決めて行うと継続しやすいですよ♪

お風呂の前、髪の毛乾かしながら、ご飯食べる前など、私のお勧めはタイミングを決めることです(^^)/

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

お気軽にお問い合わせください☆

 

ホームページ

http://minamikosigaya-sinnkyuu-seikotu.com

予約、口コミ

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/31798/

 

 

 

スポーツ外傷~足関節捻挫治療~

2018.10.04 | Category: お知らせ,スポーツ外傷,健康

みなさん、こんにちは

南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です(^^)

 

足関節捻挫について少しずつお話しさせて頂いています!

怪我した直後にも使用していきますこちらの機械をご紹介します。

 

 

超音波療法とハイボルテージ、マイクロカレントと呼ばれる電気療法が行えるものです。

痛みの軽減、腫れの改善や固く動きにくくなった関節周りの筋肉や腱、関節包の動きの改善を促進します!

個々の状態に合わせて電気治療のみや超音波と電気を組み合わせて行います。

さまざまな症状に適応しますので、お気軽にご連絡ください♪

次回はまたリハビリについてお話してきます!!

 

気温差があり疲労も取れにくいと思いますが、

冷えや乾燥にも注意して体調管理気をつけて行きましょう☆

季節の変わり目は腰痛(ぎっくり腰)が多い

2018.09.24 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは!

越谷市の新越谷、南越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

今回も腰痛について書いていきます!

この夏から秋に変わる時期ってほんっとに腰痛やぎっくり腰でいらっしゃる方が多いんですよね?

気圧のせい、気温差のせい、夏の疲れのせいなど原因も様々でしょう。

慢性の腰痛もぎっくり腰も

筋肉などの軟部組織の血行不良が原因のことが多いんです!!!

どういうことか簡単に説明していきますね。

筋肉は伸び縮みすることにより筋肉内の血管を圧迫して血行を促し

筋肉に必要なエネルギーを取り入れたり老廃物の排出をしているんです。(筋ポンプ作用)

ですがあまり動かさなかったり、長時間同じ姿勢でいると

筋肉が伸び縮みをする事が少なくなり血行不良を起こします。

そうすると栄養素が筋肉に行き届かなくなったり、筋肉に老廃物質が貯留して痛みを誘発してしまうのです。

栄養素が行き届かなかったり、老廃物質が貯留するとさらに血行が悪くなります。

この負のスパイラルを繰り返すことによって腰痛が引き起こされるんです!

当院では血行不良からくる腰痛に対しては筋肉の柔軟性を出したり血行を改善する

FMJ整体+鍼灸コースをオススメしています。

筋肉やその他の軟部組織の血行を改善して腰痛のない身体にしていきましょう!

 

腰痛 〜脊柱管狭窄症③〜

2018.09.09 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは!越谷市、南越谷、新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

今回も腰痛の中の脊柱管狭窄症の治療法について書いていきますので皆さんよかったら読んで下さいね!

 

整形外科での脊柱管狭窄症の治療では痛み止めやビタミンB12、血管を広げるお薬などが処方されます。

また運動制限や姿勢保持のためにコルセットを装着するよう指導することもあります。

脊柱管狭窄症の下肢の痺れに対してはブロック注射を行います。

2〜3回のブロック注射でも症状が改善見られない場合は手術も念頭に入れる必要があります。

 

そして当院での治療は

1)鍼灸治療、特殊電気治療による血流改善、

2)運動療法、整体による可動域改善、

3)複合高周波による筋力強化

をしていきます。

脊柱管狭窄症は骨や靭帯などの変形変性であり、

長期にわたる神経障害によって腰から脚に至るまでの範囲で

血流や組織の柔軟性が減少していたり、そのせいで筋力が低下し姿勢もどんどん悪くなっていきます。

鍼灸治療、特殊電気療法、運動療法、整体をすることで血流と柔軟性が向上します。

そうすることで痛みが低下したり運動機能が向上します。

 

ですが気を付けたいのが上記のような治療は根本的な改善には繋がりません。

いくらやっても骨や靭帯の変形変性は治りません!!!

手術するべきなのか、このまま保存療法(手術なし)でいくのか

熟慮する必要があります。

整骨院に通院していて症状が改善されたとしてもそれは一時的であり治ったわけではありません。

筋力を付けたり、姿勢を改善したりして骨や靭帯の変形変性を悪化させないことが大切です。

越谷・南越谷・新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院では

症状の改善までではなく筋力強化、姿勢改善まで診させていただきます!

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください( ´∀`)/

 

口コミ   https://www.ekiten.jp/shop_98330133/

スポーツ外傷〜足関節捻挫〜

2018.09.05 | Category: お知らせ,健康

こんにちは!

南越谷koharu鍼灸整骨院の吉田です。

足関節捻挫
軽視されやすい怪我です。

体重の乗せる場所を変えれば歩けたり、他の動作もできるものです。
しかしそれを繰り返し行えば、股関節の動きに変化が出て、膝の痛みや腰の痛みにつながってしまいます…。

また怪我した当日に発熱したり吐き気が出た場合は傷ついた度合いが強いため、
一度整形外科の受診をおすすめします。

その後に早期改善をされるのであれば、まずは炎症を取り除きましょう!
そして痛みによって狭まった関節の動きや関節に関与する筋肉の柔軟性を確保しましょう!

炎症を取り除くには安静も必要ですが、それではその間にほかのところへの負担が増えてしまい、回復が遅れることもあります。

電気治療や超音波・はり・お灸・矯正など状態に合わせて治療をすることで炎症の引きを早くして、個々のもつ治癒力に追い風をおこしてあげると早期改善につながります( ˆ ˆ )♪

今後は治療内容やリハビリについてもお話ししていきます‼︎

 

腰痛 〜脊柱管狭窄症②〜

2018.08.31 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは!越谷市、南越谷、新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

今回は腰痛の中でも脊柱管狭窄症についてお話しします。

前回は脊柱管狭窄症ってどんな症状なの?っていうところをお話ししましたね。

よくあるのが100m歩くと休憩しないと再度歩けなくなるとか

前かがみや自転車に乗っていると症状が軽快してくるというお話でした!

今回はなんで脊柱管狭窄症になる原因はのなにか?についてお話をして行きますね。

なぜ脊柱管狭窄症になるのか

それは簡単に言えば『骨の変形』や『靭帯の骨化、肥厚』ということになります。

背骨の中には脊髄神経というとても大切な神経が通っています。

背骨はその脊髄神経を守るためにあると言っても過言では無いでしょう。

靭帯はその背骨を結びつけておく為に頑張ってくれています。

しかしその守るためにある背骨が変形したり、靭帯が骨化したり肥厚して脊髄神経を圧迫してしまうのが脊柱管狭窄症なのです。

ではなぜ変形や骨化をしてしまうのか、それには様々な原因が重なっているのです。

重いものを持つ作業、長時間同じ姿勢、繰り返しかがむ作業、体重の増加、骨の弱化(骨粗鬆症)、筋力低下、圧迫骨折、分離症、すべり症などなど他にも原因はあるでしょう。

脊柱管狭窄症は今まで頑張ってくれていた骨や靭帯が頑張りきれずに変形したのです。

今まで頑張ってくれた腰に感謝ですね。

つらいとそんなこともいいてられないのが現実ですね。

次回は治療についてお話をして行きます。

腰痛 〜脊柱管狭窄症〜①

2018.08.26 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは!越谷市、南越谷、新越谷の南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です( ´∀`)/

今回は腰痛の中でも脊柱管狭窄症についてお話しします。

脊柱管狭窄症ってっどんな症状なのかというと

『数分間立っているたり歩いていると腰や脚に痛みやしびれが出る』

これがほとんどです。

あとは下肢の筋力低下も見られるので『指先が上がらない』というのも脊柱管狭窄症を疑うポイントです。

休憩しながらでないと長く歩けない、そしてよく指先が引っかかり転倒しそうになるなんて方は脊柱管の可能性があります。

このくらいの症状でしたら一度当院で治療可能か見させていただければと思います。

下記のような症状がある場合はまず病院での検査をお勧めします。

膀胱直腸障害、陰部の異常感覚、下肢脱力感、性機能不全など。

場合によっては手術が必要になるかも知れません。

また、脊柱管狭窄症では症状が落ち着く姿勢があるのも特徴です。

例えば前かがみの姿勢をとって休むとまた歩けるようになったり、自転車に乗っていると症状が軽快します。

以上が簡単な脊柱管狭窄症の説明になります。

次回は脊柱管狭窄症がなぜなるのか、整骨院での治療方法について話して行きます。

腰痛 〜ギックリ腰〜Part4 

2018.08.20 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは! 越谷・新越谷・南越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です(^ ^)/

腰痛、ギックリ腰のPart4をお送りします。

皆さんは筋膜ってご存知ですか?

筋膜というのは全身の筋肉や組織を包み込んでいたり色々な組織を結びつけている重要な組織なんです。

この筋膜が動きが悪くなれば全身の動きが悪くなり様々な痛みを引き起こします。

洋服を着たまま水の中入ると服がくっついて動けなくなりますよね?

筋膜の滑りが悪いと濡れた服みたいに筋肉や組織にくっついて動きを悪くしてしまうのです!

私の例え解りました?笑

筋膜が原因のぎっくり腰はケガによる炎症物質が患部に貯留したり老廃物が溜まり血流を悪くしたりする事で起こります。

また筋膜は全身繋がっているので腰が痛いのに原因が足の方に有ったり、首にあったりします。奥が深いんですよ〜

なので筋膜性の腰痛は患部をただマッサージしていても改善されない、すぐ痛みが戻るとおっしゃる方が多いようです。

そして筋膜はレントゲンにも写らないので整形で異常なしと言われる方の腰痛も筋膜性が多いですね。

南越谷・新越谷・越谷で腰痛、ぎっくり腰でお困りの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にお任せください。

あなたにあった治療が必ずあります。

つらい腰痛を改善し元気で笑顔溢れる日々を送りましょう!