TEL yoyaku LINE

越谷市腰痛、脊椎圧迫骨折でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ! | 越谷市で腰痛・骨盤矯正・美容鍼が評判 |南越谷koharu鍼灸整骨院

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

越谷市腰痛、脊椎圧迫骨折でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2022.08.07 | Category: お知らせ,交通事故治療,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の大鷲です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,54
今回は脊椎圧迫骨折について説明していきますね!
まず背骨は首からお尻の方まで椎骨という骨が連なって背骨が形成されてます。
その椎骨の中心部、椎体が何らかの原因によって潰れた状態のことを脊椎圧迫骨折と言います。
なりやすい人としては骨が弱くなっている高齢者の方が多いですが、高い場所からの転落や、転倒、尻もちをつくなどの強い衝撃が原因で起こることもあります。
痛みがある場合の特徴としては寝起きや立ち上がる時に痛みが出たりします。
骨が弱くなっている骨粗鬆症によって起こっている場合、咳やくしゃみなどの弱い刺激でも起こることもあり、あまり痛みを感じないまま圧迫骨折が起こっていることもあります。
もし、転んでから背中の痛みが出た、背中が曲がってきて背が縮んだ気がするなどの症状があったら、もしかしたら脊椎圧迫骨折の疑いがあるかもしれません。
その場合は一度、大事を取ってMRIを撮りに行くといいですよ。
治療としては骨折してる患部はマッサージ出来ないのですが、痛みをかばって他の箇所に痛みなどが出てくる事があるので、その場合は横向きになっていただいてマッサージや特殊電気を使った治療を行なっていきます。
南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷

koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市腰痛、腰椎すべり症でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2022.07.23 | Category: お知らせ,交通事故治療,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の大鷲です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,53
今回は、腰椎すべり症について説明していきますね!
まず背骨は椎体と呼ばれるものが連なって構成されているんですけど、すべり症とは椎間板や椎間関節の変性によって椎体が前後どちらかにズレた状態をいいます。
すべり症は2種類あって分離すべり症と変性すべり症があるんですね。
分離すべり症の方は、発育期のスポーツをしている子たちがなりやすいです。
繰り返し背中を後ろに反ったり、ジャンプであったり、回旋する動きをすることによって、椎間関節が疲労骨折するような状態になってしまいます。
変性すべり症の方は、中高年の方に多く見られ加齢によって椎間板が変性して椎体が前後どちらかにズレた状態になってしまいます。
症状は、分離すべり症では背中を後ろに反らす動きで、腰痛が出ます。
変性すべり症は、腰痛と足の痛み、しびれがあります。長い時間歩けないなどの脊柱管狭窄症の時と同じ間欠性跛行がみられます。
治療は症状に合わせてマッサージ、鍼治療、超音波など特殊電気を使って症状の改善をおこなっていきます

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市で、腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2022.07.15 | Category: お知らせ,交通事故治療,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の大鷲です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,52
本日は腰椎椎間板ヘルニアについて説明していきますね!
まずヘルニアとは、本来あるべき場所から飛び出してしまっている状態のことを言います。
分かりやすいところで言うと、でべそ(臍ヘルニア)があります。
次に椎間板について、背骨は首から腰にかけて全部合わせて24個あって、その1個1個の間に衝撃を和らげてくれてクッションの様な役割を果たしてくれているのが椎間板なんですね。
ただ加齢や日常生活によって椎間板の弾力性が失われてくるんですね。その結果日々の姿勢や急な衝撃などで亀裂が入ってしまって椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し痛みや痺れ、足の力が入りにくいなどの症状が出ます。
症状は、前回説明した脊柱管狭窄症とは反対に前屈みの体勢で痛みが出ます。
腰痛、片方の太もも、ふくらはぎにかけて痺れがあります。
また咳やくしゃみによって痛みが出る事も。
なりやすい人の特徴としては、重い物を持ち上げる事が多い人、中腰での作業が多い人、長時間の運転をする人な挙げられます。他には体重の増加、喫煙などもあります。
治療としては、症状に合わせてマッサージ、鍼治療や超音波などの特殊電気を使って治療を行います。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市腰痛、脊柱管狭窄症でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2022.06.30 | Category: お知らせ,交通事故治療,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の大鷲です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,51
本日は腰部脊柱管狭窄症について説明します!
神経の通り道である脊柱管が加齢などにより骨や靭帯、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が加齢などの変性によって脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されることで神経の血流障害が起こり痛みや痺れが出ます。
代表的な症状に歩くと痛みや痺れが出て、少し休むとまた歩けるようになるという間歇性跛行と呼ばれるものがあります。また前屈みになると痛みが和らぐ症状があります。反対に背中を反らすと痛みが誘発されます。
レントゲンだけでは確定判断は出来ず、MRIの方が有効なのでMRIを撮ってから通院していただくと、よりピンポイントに脊柱管狭窄症に合わせた治療が可能です。
治療は狭窄部位の筋緊張の緩和、圧迫されている神経の血流改善を目的に治療し症状に合わせてマッサージや鍼治療、超音波治療などを行っていきます。
また自宅で出来る日頃のケアとしてはストレッチが有効なのでお伝えしますね。
背中を反らすと痛みが出てしまうので、反対に背中を丸める動きをして、神経の通り道である脊柱管を広げるストレッチすると効果的です。
両足を抱えながら胸に近づけて深呼吸しながら1分間続けて、これを1セットとして毎日3セットやって下さい。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷

koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市でぎっくり腰でお困りの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.02.05 | Category: お知らせ,健康,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,50
本日は最長筋と腸肋筋が原因で起こるに急性腰痛症(ぎっくり腰)ついて説明します!
最長筋と腸肋筋は大きな分類では脊柱起立筋と呼ばれ、身体を前後左右に傾かせたり(屈曲・伸展・側屈)、体幹を支える作用があります。
最長筋は頚最長筋、胸最長筋の2つに。
腸肋筋は腰腸肋筋、胸腸肋筋、頚腸肋筋の3つに分かれています。
最長筋は仙骨から耳の後ろの乳様突起に。
腸肋筋は骨盤の上部(腸骨稜)から3〜12番目の肋骨に付着しています。
この2種類の筋肉は体幹を支える強力な筋肉ですが体重以上の物を持ち上げたりする力はありません。
なので、おおよそ標準体重の30%以上の負荷がかかると急性腰痛症を誘発する確率がグンと上がると言われています。
重いものを持ち上げる際は腰痛を避ける為に、腰に負荷のかからない姿勢で物を持ち上げる事を心がけましょう。
悪い姿勢
良い姿勢

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷

koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市で慢性腰痛やぎっくり腰でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.21 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,49
本日は多裂筋による慢性腰痛の治療について説明させていただきます。
前回、多裂筋は背骨(脊椎)に付着している筋肉だと説明しました。
今回は多裂筋が原因の腰痛の治療法を紹介します。
多裂筋による慢性腰痛には電気や鍼による治療が効果的とされています。
多裂筋は姿勢を支える筋肉の中でも深層にある筋肉なので、マッサージだけでは治療の効果が出ない事もあります。
そのため高周波や超音波などの深部まで到達する電気治療や、
筋肉の痛みの原因となる部位(トリガーポイント)に直接刺激が出来る鍼治療が効果的です。
ですが慢性腰痛は原因となる部位以外にも広範囲に症状が出ていたり、
長期間続いた痛みよる姿勢やクセによって、治療直後に痛みが引いても数日経つと痛みがぶり返しまうことがほとんどです。
根本的に治療を行うには日々の姿勢の改善や筋肉に対するストレスの軽減が有効です。
その他カイロなどで患部温めたり、ストレッチを行うことで、筋肉の血流を高めて痛みの原因物質であるホルモン(ブラジキニンなど)を血流に乗せて患部から除去する事が効果的です。
脊椎すべり症を患っている場合は姿勢の安定感がなくなってしまうため、むやみに多裂筋や脊柱起立筋を緩めると痛みが出る場合があるので注意が必要です。
当院ではひとりひとりにあった治療法を提案していくので、すべり症やヘルニアによって痛みに悩まされている方もご相談ください。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市で慢性腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.21 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,48

本日は慢性腰痛の原因となる筋肉、多裂筋の構造と働きについて説明させていただきます。

多裂筋は頚椎(首の骨)二番目から仙骨にかけて、それぞれひとつひとつの背骨に付着している筋肉です。
下記に写真を載せましたのでご覧ください。
この筋肉は首から背中にかけては背骨を支えることによって背骨の動きを助け、腰部ではコルセットのような働きをして腰全体を支えて姿勢を整える役割がある重要な筋肉(インナーマッスル)です。
姿勢の保持に使われている為、同じ姿勢を長時間続けていたり、腰に負担のかかる動作を繰り返すことで痛みが増強します。
腰椎椎間板ヘルニアで起こる痛みや痺れによる正常ではない歩き姿勢にも影響されやすいので、同時に起こる事もよく有ります。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市でぎっくり腰でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.05 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

明けましておめでとうございます !
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,47
新年いかがお過ごしでしょうか?
自分は新年早々、車のバッテリーが上がってしまい大変な目にあってしまいました。
さて、本日は筋筋膜性腰痛症(ぎっくり腰)の原因となる筋肉、腰方形筋について説明させていただきます。
腰方形筋は一番下の肋骨および5つある腰の骨のうち上の1〜3番目の横の突起(肋骨突起)から、骨盤の上のふち(腸骨稜)へと繋がっている筋肉です。
下記に写真を載せましたのでご覧ください。
この筋肉は、体幹を横に倒す時と後ろに反る際に使われています。
その際に急な動作やコリ固まっている状態で力が入る事で肉離れが起こり、腰痛(ぎっくり腰)なることもあります。
症状が軽い場合は筋肉が付いている肋骨付近のストレッチを行うことで腰痛が和らぎます。
ですが、何かに腰をぶつけて腰の痛みが引かない場合は腰方形筋が原因ではなく、肋骨の骨折が起こっている場合があります。
当院にお越しいただき検査し骨折が疑われる場合は整形外科等の各種病院を紹介いたしますので、レントゲンやCT検査等で状態を確認しましょう。
その後、状態がわかりましたら超音波治療で骨折や打撲の患部の回復を早めることができますので、また当院にお越し頂けると良いと思います。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

スポーツでの腰痛、坐骨神経痛は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院へ

2020.12.22 | Category: お知らせ,腰痛

こんにちは!

越谷市南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です(^ ^)/

南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,46

先日いらした腰痛患者さんはランニングや筋トレをしていてお仕事でも身体を使う事もある50代男性でした。

2週間前の夜にランニング中に段差に気づかず右足を着いた時に腰痛と軽く足に痺れ(坐骨神経痛)が出たそうです。

坐骨神経痛も腰痛も軽くすぐ治るだろうと思っていましたが治らず、

坐骨神経痛の範囲も広がり歩いていると腰痛と痺れがすぐに出てくるようになったので来院したそうです。

整骨院では確定診断はできませんが徒手検査、神経の障害があるかの検査をしてヘルニアの可能性を探ります。

この患者さんの場合はヘルニアの可能性は低いので当院で施術をすることになりました。

ですが坐骨神経痛や強い腰痛がある場合はマッサージをすることにより悪化する場合がありますので

マッサージ屋さんは避けた方が良いです。

この患者さんの場合は坐骨神経痛に似た筋膜の緊張による痛みでした。

超音波、軽い整体を施術し坐骨神経痛、腰痛共に軽減しました。

簡単なストレッチを指導し、治療の続きは明日行う予定です。

皆さんは軽い痛みのうちに治療をして早く治しましょうね!

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

ゴルフでの腰痛は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院へ

2020.12.16 | Category: お知らせ,スポーツ外傷,腰痛

こんにちは!

越谷市南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院 院長の芳賀です(^ ^)/

南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,45

先日方腰痛患者さんはゴルフ大好き腰痛患者さんでした!

接待もありここ2ヶ月くらいは毎週のようにコースに出ていたようです。

そして日曜にコースに出て、月曜はお仕事をして、火曜日の朝に起きようとした時に違和感があり支度をしていると歩くのも辛いほどの腰痛が発症してしまいました。

瞬間的に痛めた理由はなく、違和感から始まったそうです。

痺れなど腰椎椎間板ヘルニアを疑うような所見はありません。

痛いのは前屈み、動き始めの時でした。

この方の腰痛は筋、筋膜性腰痛というものと考えます。

筋肉に疲労が溜まっていて、最近の寒さと寝ていた事により血行不良が起こり筋肉が硬くなり痛みとして現れてしまったのだと思います。

初回で超音波治療、筋膜リリースをして歩くのには支障がなくなったのですが、

翌日かばっていたせいで背中の張りが強くなりまた動作に支障をきたしていました。

2回目は鍼をしましたがまだ前屈みの痛みは残ってました。

来週はゴルフがあるらしいのでそこまでには痛みを取り切ります。

皆さんは運動したらストレッチをするなど疲労を溜めないようにして下さいね!

 

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や慢性的な腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。