TEL yoyaku LINE

越谷市で慢性腰痛やぎっくり腰でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ! | 越谷市で腰痛・骨盤矯正・美容鍼が評判 |南越谷koharu鍼灸整骨院

お電話でのご予約は
メールでのお問い合わせ
診療時間

Blog記事一覧 > 2021 1月の記事一覧

越谷市で慢性腰痛やぎっくり腰でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.21 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,49
本日は多裂筋による慢性腰痛の治療について説明させていただきます。
前回、多裂筋は背骨(脊椎)に付着している筋肉だと説明しました。
今回は多裂筋が原因の腰痛の治療法を紹介します。
多裂筋による慢性腰痛には電気や鍼による治療が効果的とされています。
多裂筋は姿勢を支える筋肉の中でも深層にある筋肉なので、マッサージだけでは治療の効果が出ない事もあります。
そのため高周波や超音波などの深部まで到達する電気治療や、
筋肉の痛みの原因となる部位(トリガーポイント)に直接刺激が出来る鍼治療が効果的です。
ですが慢性腰痛は原因となる部位以外にも広範囲に症状が出ていたり、
長期間続いた痛みよる姿勢やクセによって、治療直後に痛みが引いても数日経つと痛みがぶり返しまうことがほとんどです。
根本的に治療を行うには日々の姿勢の改善や筋肉に対するストレスの軽減が有効です。
その他カイロなどで患部温めたり、ストレッチを行うことで、筋肉の血流を高めて痛みの原因物質であるホルモン(ブラジキニンなど)を血流に乗せて患部から除去する事が効果的です。
脊椎すべり症を患っている場合は姿勢の安定感がなくなってしまうため、むやみに多裂筋や脊柱起立筋を緩めると痛みが出る場合があるので注意が必要です。
当院ではひとりひとりにあった治療法を提案していくので、すべり症やヘルニアによって痛みに悩まされている方もご相談ください。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市で慢性腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.21 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

こんにちは!
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,48

本日は慢性腰痛の原因となる筋肉、多裂筋の構造と働きについて説明させていただきます。

多裂筋は頚椎(首の骨)二番目から仙骨にかけて、それぞれひとつひとつの背骨に付着している筋肉です。
下記に写真を載せましたのでご覧ください。
この筋肉は首から背中にかけては背骨を支えることによって背骨の動きを助け、腰部ではコルセットのような働きをして腰全体を支えて姿勢を整える役割がある重要な筋肉(インナーマッスル)です。
姿勢の保持に使われている為、同じ姿勢を長時間続けていたり、腰に負担のかかる動作を繰り返すことで痛みが増強します。
腰椎椎間板ヘルニアで起こる痛みや痺れによる正常ではない歩き姿勢にも影響されやすいので、同時に起こる事もよく有ります。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。

越谷市でぎっくり腰でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院へ!

2021.01.05 | Category: お知らせ,腰痛,腰痛治療 

明けましておめでとうございます !
越谷市の南越谷、新越谷にある南越谷koharu鍼灸整骨院の久保田です!
南越谷koharu鍼灸整骨院の腰痛ブログ vol,47
新年いかがお過ごしでしょうか?
自分は新年早々、車のバッテリーが上がってしまい大変な目にあってしまいました。
さて、本日は筋筋膜性腰痛症(ぎっくり腰)の原因となる筋肉、腰方形筋について説明させていただきます。
腰方形筋は一番下の肋骨および5つある腰の骨のうち上の1〜3番目の横の突起(肋骨突起)から、骨盤の上のふち(腸骨稜)へと繋がっている筋肉です。
下記に写真を載せましたのでご覧ください。
この筋肉は、体幹を横に倒す時と後ろに反る際に使われています。
その際に急な動作やコリ固まっている状態で力が入る事で肉離れが起こり、腰痛(ぎっくり腰)なることもあります。
症状が軽い場合は筋肉が付いている肋骨付近のストレッチを行うことで腰痛が和らぎます。
ですが、何かに腰をぶつけて腰の痛みが引かない場合は腰方形筋が原因ではなく、肋骨の骨折が起こっている場合があります。
当院にお越しいただき検査し骨折が疑われる場合は整形外科等の各種病院を紹介いたしますので、レントゲンやCT検査等で状態を確認しましょう。
その後、状態がわかりましたら超音波治療で骨折や打撲の患部の回復を早めることができますので、また当院にお越し頂けると良いと思います。

南越谷koharu鍼灸整骨院では問診、触診に時間をかけぎっくり腰や坐骨神経痛、慢性腰痛の原因を見つけその方の腰痛が早く治る施術の提案をしていきます。

越谷市でぎっくり腰、腰痛でお悩みの方は南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください!

南越谷koharu鍼灸整骨院は交通事故治療(むちうち、腰痛)も厚労省の認可を受け対応させていただいております。

交通事故でのむちうち、腰痛でお悩みの方は越谷市の南越谷koharu鍼灸整骨院にご相談ください。